倉敷暮らし

見たもの ■ に収めた 写真にっき

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

高知 ひろめ市場

高知 ひろめ市場

ちょっと、高知へ行ってきました。
高知へは、高い山をたくさん越えて行きます。

高い山際を、ずっと進んで行くと、
秘境の地へ向かう気分。

山を下り、高知市へ入った時には、
すごく遠いところへ来た気分でした。

写真は、ボケてますが
高知市内にある『ひろめ市場

ひろめ市場は、高知の特産品を売っている、
お土産・お食事処です。
屋台風のお店が並んでいて、とても楽しい気分になります。
その上建物内なので、快適です。

たくさんの店が並んでいるので、好きな料理を買って、
広場のテーブルで食べます。
地元の人がワイワイと、楽しそうに食べていました。

美味しかったのは、

明神丸』の『かつおのたたき(塩)』。
名前のとおり、たたきに塩がふってあるました。
高知の人って、こんなに美味しいものを食べているのか~ !!

それから、『しもだ屋』の『ゆずはちみつチューハイ』。
ゆず果汁がたっぷり入っていて、美味しかった~。

これを飲んでから、ゆずが大好きになり、
いろんなゆず関連のものを食しましたが、
ここのゆずはちみつチューハイを越えるものはありません。

他にも魅力的な食べ物が、いろいろありました。
ひろめ市場は、楽しい気分になる、安くて美味しい食事処でした。

これもボケてますけど、かつおのたたき(塩)です。
かつおたたき

ひろめ市場
営業時間・アクセスマップ


スポンサーサイト

PageTop

五台山

五台山より

高知市内に五台山という山があります。
その山の展望台にのぼると、高知市内が見渡せました。

その山中には、牧野植物園と、竹林寺があります。
牧野植物園はあまりに広かったので、
もろもろの理由により入園を断念。
隣にあった、竹林寺に寄りました。

竹林寺の本堂と、宝物館にならぶ17の仏像は、
国の重要文化財に指定されているんだとか。

また、竹林寺は、四国霊場めぐりの31番礼所なんだそうで、
白い装束を着た人たちが、たくさん来ていました。

”白い衣装の人たち”は、”修行僧”という訳ではなく、
四国霊場めぐりをする時用の、衣装を身に着けている団体さんなのです。

 竹林寺五十塔
竹林寺

日本の建物は、木を複雑に組み合わせて作ってありますが、
木造でこんなに高くても、地震に強いんだとか。

PageTop

高知で見た電車

高知市内では路面電車が走ります。

ごめん電車 前

むこうからやって来た電車。

ん?
え~っ?!

行き先に注目!

ごめん電車 後

ごめん
と謝りながら走る電車。

何を謝っているの !? 
と目を疑い、大笑いしましたが、

地図を見ると、
この辺りには、
ごめん m(_ _)m という地名があるようで、
ごめん地図

ごめん駅という駅もみかけました。
ごめん駅

以上、高知旅行で面白かったことでした。

PageTop

秋の楽しみ

秋の楽しみと言えば、魚がおいしくなること。

1か月ほど前になりますが、高知県へ行ってきました。
高知のカツオ、ウナギの他に、食べてみたかったものがありました。
それは、さばの姿寿司。

頭としっぽ、もちろん胴体も乗っている、大きなサバのお寿司。
見た目にインパクトが強いです。
特に頭の辺りが。

さば姿寿司

サバは〆てあって、ご飯も酢飯で、ギュッと押されていました。
個人的には、焼きサバ寿司のほうが好きかな。

カツオのたたきも食べました。
高知のカツオのたたきは、塩を振って、ゆず果汁で食べるのが人気のようですが、
旬のカツオは新鮮で、味付けもあっさり食べられるので、
本当に美味しくて、たくさん食べられます。
普段食べているカツオのたたきとは、味も美味しさも全然違うんです。

最もおいしい時期に、土地のものを食べる。
それが美味しい魚だと、
「日本に生まれて良かった~。
こんなに美味しいものを食べられて、なんて幸せなんだろう。」
と、いつも思います。



PageTop

高知のうなぎの話

高知県へ行った時の続きの話。
食べ物の話題ばかりなんですが・・

やはり、うなぎを食べずして帰るのはもったいないので、
今回は”大正軒”というお店へ行ってきました。

予約制であることを知らずに行ったのですが、
幸運にも空きがあって、うなぎを食べられました。
個室に通され、予約制にも納得。

かなり上等のうなぎなんでしょう。
極々肉厚で、プリッと身のしまっているうなぎでした。

香ばしく焼かれ、甘めのタレがかけられ、ものすごくおいしかったです。
食べた後は、立派な食べごたえと美味しさで、
もうウナギを制した気分でした。
ほんと。

大正軒

高知県の豊かな自然が、おいしいウナギを育てているのだと思います。
私のイメージの中では、ウナギ達は四万十川をスイスイ泳いでいます。



大正軒 (予約制)
住所    : 高知県高岡郡佐川町甲1543
営業時間 : 11:50~14:00 17:00~21:00
定休日   : 日曜日
TEL     : 0889-22-0031

PageTop

高知の自然公園

高知へ行った時の続きの話。

標高1,000mから1,455mにある自然公園、
”四国カルスト”という所へ行ってきました。

カルストとは何なのかと思いましたが、こういう岩のことのようです。
地質学に興味のある人には、ワクワクする所だと思います。
熱心に岩を観察している人もいました。

草原に牛がいて、外国のような風景でした。

四国カルスト

天狗高原という所は、一面ススキに覆われていて、とてもきれいでした。
こんなにススキがたくさんあるのは、初めて見ました。

四国カルスト 天狗高原

四国中央部は、こういう山々があって、北部と南部の交通は全くもって不便です。
ですから、岡山県から高知県へ行くのは、遠く感じます。
四国カルスト 山道

でも高知県は、時々行きたくなるような魅力ある所だと思っています。
特に食べ物は美味しいし、
四万十川を一度見てみたいと思うし・・。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。