倉敷暮らし

見たもの ■ に収めた 写真にっき

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

倉敷川

倉敷市の美観地区には、倉敷川という川があります。
江戸時代から昭和の初めまで、運河として利用されていたようです。

小さな川並みに立派な用水路が多い
倉敷市の地盤は、あまり強くないような気がします。
昔、干潟に面した地域だったらしく、埋め立て地域が多いのかもしれません。
幸い、地震はすごく少ない地域です。

舟

PageTop

明治のかほり

美観地区の中心部にあるこの建物は、倉敷館と呼ばれ、
インフォメーションセンターと、休憩所になっています。

美観地区 インフォメーションセンター

1916年(大正5年)に、倉敷町役場として建てられたそうです。
当時としては、オシャレ (ハイカラとも言う) な建物だったのではないかと想像します。
100年経った今も、オシャレな建物としての風格は健在です。

PageTop

主婦の達人を目指して

先日クリスマス会があったので、ババロアを作って持って行きました。
自己流料理をするためか、
お菓子作りに関しては、時々失敗するのですが、
今回はレシピに従い、細心の注意を払って作ったので、無事出来上がりました。

ババロア

最近、「得意な料理は何ですか」と尋ねられ、答えられなかった私。
「奥さんの料理で好きな料理は何ですか」と尋ねられ、
はっきり答えられなかった夫。

考えてみると私の料理は、"創作料理"が多いことに気がつきました。
例えば、美味しそうな料理の写真を見たとすると、それを食べたくなって、
その料理の、味と香りが頭の中で出来上がり、
その想像力に従って料理をする、といった感じです。

夫は美味しいと、食べてくれますが、
主婦として、正統な料理の勉強をしたほうがいいのかも。

PageTop

白壁の町倉敷

倉敷をイメージする言葉といえば、白壁、蔵、です。
色で言うと、白色と墨色。
公共の建物も、モノトーンの建物が多いです。

瓦

外国では、建物による町の雰囲気を統一すべく、
建物を建てる際、高さやはもちろん、外観に対しても規制がある地域が多くあります。
ヨーロッパの美しい街並みは、そういった努力によるものなのでしょう。

倉敷市の観光地付近に関して言えば、
白壁の町というイメージ作りが、ある程度成功しているのではないかと思っています。
洋館であろうと、とても日本的で、
そういう色気のない雰囲気が好きです。

柿

PageTop

Merry Christmas

12月に入ると、クリスマスカードを送るシーズンに入ります。
私も毎年クリスマスカードを作って、送っています。

実は、カードを作るのは私の趣味のひとつ。
人に頼まれて作る分もあるので、毎年80枚くらいのクリスマスカードを作ります。
外国に送ることも多いので、
日本の美を代表し、和紙にメインに活躍してもらっています。

Christmas Card

ところで、クリスマスは何の日なのかというと、
イエス・キリストの誕生日を祝う、キリスト教の記念日です。

キリスト+ミサ=クリスマスが語源で、
欧米のキリスト教会では、クリスマスには夜中にもかかわらず鐘を鳴らして、
ミサ(礼拝)をささげて、お祝いをします。

イエス・キリストが生まれた年を基準にして、西暦が数えられているほどの、
とても重要な日なのです。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。