倉敷暮らし

見たもの ■ に収めた 写真にっき

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

食欲と体力

時々思い出しては食べに行きたくなる焼肉屋があって、
先日その焼肉店に行ってきました。

焼肉

この焼肉屋は”たじま屋”といって、神戸市にあるのですが、
予約必須の人気店です。

神戸は食文化のレベルが高い地域です。
いつも思うのですが、
この激戦区の中、神戸市で店を構え続けることは、
相当難しいことではないかと思います。

もともと食欲旺盛な私は、
美味しいものをたくさん食べて、幸福感に浸りました。

スズキ

・・でも、体力が食欲に追いつかず・・。
歳をとったら、食べ過ぎ注意です。


スポンサーサイト

PageTop

彼女が主役

写真を撮ったことのある場所でも、
そこへ来ると、また撮ってしまいます。

感じ方が違えば、また違った写真になるはず。
未熟者なので、なかなか上手く撮れませんが。

この中華街でも、以前も写真を撮ったことがあります。

ちょうちん

赤い提灯やライトが、お祭り気分を誘いだし、
なんとなく楽しい気分になる場所です。

でもこの写真(↑) に小さく写っている女の人(↓) に、
どうしても目がいってしまうのは、私だけでしょうか。

シルエット

あっ。
もしかして男の人かも?

PageTop

ライトアップ

神戸市内には西洋的な立派な建物が多く、
夜には上品にライトアップされています。

照明の光の種類にはいくつかありますが、
私は白熱灯が好きです。

しかし、CO2対策のため、”日本中の照明を蛍光灯へ切り替える”
という政府の方針があるそうで、
今後白熱灯の製造が中止になるかもしれません。

白熱灯の光は、人をリラックスさせ、
蛍光灯 (LEDも) の光は、人の交感神経を刺激します。
照明デザインの幅も狭くなります。

白熱灯を無くすことは、失うものが多すぎるように思います。
政府がそこまでする権限があるのかとさえ思います。

窓

日本で有名な照明デザイナーに、石井幹子さんという方がおられます。
日本中の有名なライトアップを、彼女がデザインしています。
たとえば、東京タワ-やレインボ-ブリッジなど。
 
また彼女の照明デザインにより、
観光地化に成功した所も多いようです。
たとえば世界遺産に登録された、白川郷合掌集落など。

倉敷の夜間照明も、彼女のデザインだそうです。


PageTop

神戸と西洋建築

神戸市の夜は、ライトアップがきれいで好きです。
ライトアップされる対象は、雰囲気がありますし。

”神戸旧居留地” といわれる地区があります。
この地区は日本の開国後、イギリス人の設計によって整備された地区で、
外国人居留地として、1800年代半ばに造られたそうです。

旗

立派な石造りの建物が多く建ち並んでいました。
戦争や地震を経て、随分建物は壊れたようですが、
頑張って建物を残しているなぁと思います。

同時代のこういう建物に、少しだけ住んでいたことがあります。

PageTop

北野異人館

神戸市の異人館めぐりといえば、観光の代表コースです。
1868年神戸港を開港して以来、外国人の数が増え、
1890年代から、北野に家を建て始めたようです。

当時の建物の中に展示された、家具や調度品、絵画なども見られます。
私も随分前に行きました。
これらは、その時の写真です。

神戸のシンボル的存在ともいえる、風見鶏の家。
国指定重要文化財です。

風見鶏の家

うろこの家。
国指定登録文化財です。
天然石でできたうろこのような外壁が独特で、印象的でした。
それ以上に、うろこの家までの坂道が、あまりにも急な坂道で、
たどり着いたときには、疲れすぎてぐったりしてしまいました。
建物からは海を見られ、よい景色です。

うろこの家

異人館も冬はライトアップされるそうなので、
夜にも行ってみたいのですが、
寒い季節なので固い決意が必要そうです。

それにしても、神戸は海と山に挟まれた、本当に細い所にあるものです。
うろこの家から景色を眺めると、それを実感します。


北野異人館周辺のホテル ≫ じゃらん
北野異人館周辺の飲食店 ≫ FOOMOO

PageTop

春の食べ物

すっかり春らしくなりました。
春の食べ物の中で、一番好きなものは? ときかれたら、

ジューシーでさっぱり味の、いよかん。
甘酸っぱくてさわやかな味の、きよみ。( 温州みかん × オレンジ の交配種)
甘味が強く食べごたえのある、はるみ。( きよみ × ポンカン の交配種)

どれかな~考えて、
”菜の花” と答えるような気がします。
あの苦味が好きです。

菜の花

わさびポン酢であえて食べるのが大好きです。

PageTop

古切手

別に切手のコレクターという訳ではないのですが、
夫の母が集めているので、
私も切手は捨てずに切りとっておくのが習慣になっています。

切手

この古切手、海外の医療事情が悪い国の、
保健医療協力のために使われるそうです。

水や食べ物があって、
人権や自由が尊重され、
教育や医療サービスを受けられ、
独裁者もいないし、
経済活動もまあまあだし、
結構安全だし。(夜も独りで歩けるくらい)

ダメな部分もたくさんあるけれど、(政治とか?)
総合的に住みやすい方の国、日本だと思います。

物質的には豊かな日本ですが、
ボランティア精神を育てていくなら、
精神的な豊かさも、少しは育てられるかもしれません。
私はとりあえず切手集めから・・。

PageTop

ビスコッティ

先月のことになりますが、
随分久しぶりの友人に会いました。

電話ののち30分くらいでお宅におじゃましたのですが、
その間に奥様がクッキーを焼いて、出迎えてくださいました。
そのおもてなしが嬉しくて、奥様もすごくステキで。

今日はそれを思い出して、
私も気軽にクッキーを焼くような人になりたい!
と、焼いてみました。

ビスコッティ

これは、”ビスコッティー” というお菓子ですが、
バターを使わないところが気に入って、作ってみました。
コーヒー風味で甘さ控えめ (砂糖を少なめにしたから?) 。

最近甘いものばかり食べていたら(ホワイトDAYのせい?)太ってきたので、
これだったら、カロリーを抑えられそうです。

食べすぎ防止にもなりそうです。
美味しくない訳ではなくて、美味しすぎないというか・・。


PageTop

バレーコード

Fコードが弾けず、ギターをあきらめる人が多いという。

バレーコードという、1本の指で複数の弦を抑える種類のコードは、
初心者には押さえるのが難しく、
押さえられても、きれいな音を出すのが難しいのです。
Fコードもバレーコードのひとつ。

先日、Fコードの音がしっかり出るようになりました !!!
2週間かかりました。

ギターケース

嬉し~い! ヽ(゚`∀´゚)ノ~

PageTop

lucky day

先週、美観地区の夜間照明を観に、
カメラを持って、夕方散歩に出かけました。

すると、偶然にも ”春宵あかり” というイベント中。
ろうそく、提灯、ぼんぼりが、美観地区一帯に飾られていて、
18時~21時、灯がともるという。

倉敷春宵あかり 1

日が落ち始め、灯がともり始めた頃、
カメラにメモリーカードが入っていないことに気づきました。
またやってしまった・・
急いで家へ帰って、装備を整えて出直しました。

美観地区へ戻ると、いい具合に暗くなってきていました。
日の入りの時間帯、何とか少しだけ写真を撮ることができました。

たまたまイベントの日に夜間照明を観に来たなんて、
なんて幸運だったんでしょう~。

倉敷春宵あかりの写真。
まだあるので、しばらく続きます。



倉敷春宵あかりPDF
2009年3月18日(水)~22日(日)
18:00~21:00

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。