倉敷暮らし

見たもの ■ に収めた 写真にっき

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

虎次郎 さん

前回の写真の大原美術館といえば、児島虎次郎さんあってこそ。
虎次郎さんは、
孫三郎さんに援助されていた画家でした。

日本の画家たちの為、
多くの名画を日本へ持ち込んだ人で、( もちろん費用は孫三郎さんが )
彼の確かな目と情熱があったこそ、
今の大原美術館に名画があるようです。

虎次郎さんが亡くなった時、
孫三郎さんは、大変悲しみ、
記念に大原美術館を建てたそうです。

ふたりは、なんて強い絆があったんだろう
と思います。

虎次郎さんは、こんな顔の人。
芸術家はやはり、おヒゲがお好き?

虎次郎

虎次郎記念館というのもあります。
アイビースクエアの一角にあります。( だからレンガ造り )

虎次郎記念館

人はいつ死ぬか分かりませんが、
自分が死んだ時に、
悲しんでくれる人がいるような、
人と豊かな交流のある人生を送られたら、
いいなぁと思います。

PageTop

桃太郎、健在。

倉敷美観地区のメインストリートから、
裏通りに入ったところに、
” 桃太郎博物館 ” というのがあります。

2階の窓から外を眺めているのは・・

桃太郎博物館

どうやら、桃太郎のようです。( 初めてみました !! )
凛凛しいです・・。

 桃太郎

ここの館長が、ちくわを笛にして吹く、
” ちくわ奏者 ” らしく、
テレビで何度か演奏を聴いたことがあります。(その他、 野菜の音色も聴きました。 )
博物館でも、
ちくわを演奏してもらえるそうです。

岡山は、” 昔話・桃太郎 ” の故郷なんだそうで、
岡山県の代表的なお土産は、
” きびだんご ”
なのです。



桃太郎博物館
http://www.momotaro-karakuri.jp/index.html

ちくわ笛と館長
http://www.momotaro-karakuri.jp/kanchou.html

PageTop

北房ホタル

梅雨の直前。
ホタルの季節!
ホタルを見に行ってきました。

ホタルは、気温と湿度の高い日に多いそうです。
岡山県はあまり雨が降らないので、
湿度の高さは、それほど感じませんが、
ホタルは元気でした。

2~3km にわたって、
川沿いに大量のホタルがいました。
この地方のゲンジボタルのピークは、6月上旬と言われますが、
ピークをやや過ぎても、たくさんいました。

その美しさは、写真には撮れませんでしたが、( それが残念・・ )
雰囲気としては、こんな感じでした。 ( よく見えないデスカ? )

ホタル1

暗くならないと、ホタルは活動しないらしく、
これは、ホタルが光り始めた時間のものです。

ホタル2

緑色の、カメラの電源ランプを、
他のホタルと勘違いして、
寄ってくるホタルが多数。
体やカメラにとまってきます。 (う゛~っ かわいぃ~っ )

ホタル3

まるで、天の川のような、
ホタルの川でした。
あんなに多くのホタルを見たのは、初めてでした。






北房ホタル情報

おかやまの自然百選
http://www.pref.okayama.jp/seikatsu/sizen/hyakusen/hyakusen/048bittyugawa.html
おかやま旅ネット
http://www.okayama-kanko.jp/modules/kankouinfo/pub_kihon_detail.php?sel_id=667&sel_data_kbn=0
ほくぼうホタルマップ(PDF)
http://www.shokokai.or.jp/33/3352210014/1_3/hotarumap.pdf

PageTop

源氏 と 姫

前回と同じ、北房ホタルの写真なのですが、
このホタルの川には、
2種類のホタルがいるようでした。

緑色の光がゆっくりと点滅して、
優雅に飛び回る、活発な、
ゲンジボタル。

ホタル4

銀色がかった小さな光で、
あまり動かない、
ヒメボタル。

ヒメボタル

積極的な、” 光源氏 ” と、
じっと待つ、” 姫 ” を、
イメージして名付けられたのかもしれません。

ちなみに、
カメラの電源ランプを仲間と勘違いして、
次々と寄ってきたホタルは、
ゲンジボタルでした。

私はホタルに、
求愛されていたのでしょうか・・? ( カメラが? )


PageTop

雷コワイ

ある夕方、雷が通過していきました。
その直前の空は、

雷雲と、青空と、夕焼けと、
光と影が混在した、
複雑な空でした。

雷雲

稲妻の写真を撮ろうと思ったのですが、
雷が鳴るとびっくりして、シャッターを切れず、

さらに稲妻が軽快に光るようになると、
怖くなり、部屋の奥へ逃げ込んで、
結局写真は撮れませんでした。

雷が落ちるのを見ると、
迫力があるので、写真に撮りたくなりますが、
雷は苦手です。

PageTop

人とのつながり

先日友人に、
Facebook というものを、教えてもらいました。

地図

SNSのひとつらしいのですが、
メッセージを送ったり、
自分のページに写真や動画をアップロードして、
世界中の人と交流を深めたり、
情報を交換できるものらしいです。

今までSNSには興味がありませんでしたが、
Facebook は、友人もページを持っているということもあり、
興味があります。

いくつかの言語に対応していて、
登録も実名。
世界の人を近くに感じるかも。

PageTop

初夏か夏か

雨の少ない倉敷。
倉敷川の水が、さらに濃い緑色になっています。

こんな水ですが、魚がたくさん泳いでいます。
水の不透明感が高いので、魚の姿がよく見えませんケド。

波紋と建物

あちらこちらで、波紋が広がっているのは、
魚のしわざです。

波紋

晴れ続きの倉敷は暑いです。(全国暑いですね)

住まいの環境もあると思いますが、
あまりの暑さに、
夏は洗濯バサミが、次々と壊れるほどです。

私もある夏、溶けて壊れました。
頑丈そうで、繊細な作りのニンゲンの身体は、
そんなに無理はできないものです。
できるだけ体を大切にして、夏を乗り切りましょう~。

そういう訳で、
今年も夏は避暑のため、倉敷から脱出する予定です。

PageTop

白鳥のたまご

倉敷川に住む、2羽の白鳥。
3個の卵をあたためています。

白鳥

落ちている草や羽根を集めて、
いつも巣をフカフカにしようとしているのを見ると、
親心を感じます。

白鳥が卵から離れた隙に、卵を見ていると、
” 何見てんのよ~ ”
と、にらまれます。( ちょっと迫力あるにらみです )

たまご

卵が孵るのが楽しみです。
もしかしたら、そろそろ孵っているかもしれません。

動物も赤ちゃん時代が最もカワイイです。
一度触ってみたい動物の赤ちゃんは、
ライオンです。

PageTop

落し物、御遠慮してね

スズメたち。
うちのベランダにも出入りしています。
・・ということは、落としていくものもあるわけで、
よく洗濯物に、フンを落とされます。

スズメ

スズメの写真から、トリ肉を連想するのは、
ちょっとスズメに悪い気もしますが・・

私は肉を料理するときは、
トリ肉を食べることが多いです。( スズメの肉ではないデス。念のため )
やっぱりモモ肉が美味しいので好きです。

しかし先日、夫に
” モモ肉ばかり食べるから、足が太くなるんじゃない? ”
と言われ、( 話の流れで・・ )

” 肉をつけたい部分の肉を食べるのがよいのでは。 ”
とのアドバイスを受け、( ホントかな )

” なるほど~。 ”
と思った私は、最近ムネ肉料理に切り替えました。

食べ続けたら、何か変化があるのかしら。
なんて、ちょっと期待しているわけです。

PageTop

白鳥も努力してる !?

白鳥は ” 優雅で美しい鳥 ” の象徴のようですが、
近くで見ると、翼部分を軽く浮かして姿勢を保ち、
美しいフォームを保っているようです。
白鳥も努力しているようで。

橋と白鳥

私は ” カイロプラクティック ” という治療へ行っています。
体の歪みによる不調で行き始めました。

私の治療をしてくださる先生は、
たいそう腕が立つすばらしい先生で、
病気への道を歩き始めたところを、
引き戻してもらいました。
緻密でやさしく、効力の高い治療です。

カイロプラクティック治療というのは、
本来は、医療的治療として大変有効なものですが、
法制化されていない日本では、
本物のカイロプラクティック治療院の
見極めが必要なようです。

悪い姿勢や体の歪み、
不健康な習慣。
そのままにしておくと
いつか必ずつらいことになると思います。

健康の向上に努める習慣をもつことは、
健康を失う前から始めるほうが、
ず~~っといいと思います。
不健康に気づいた頃には、
自力で戻れなくなっているものです。

\(。´□`・。 HELP !

でも健康な時は、
” そのうち始めるヨ ”
と言うものなんですよね~。



お世話になっています↓ <(_ _*)>

スポーツ医学&カイロプラクティック研究所
http://sportsdoc.jp/index.htm

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。