倉敷暮らし

見たもの ■ に収めた 写真にっき

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

何に見える?

古代 ローマ ゾーンの端に、” V.エマヌエーレ2世記念館 ” という、
真っ白な、建物があります。

建てられた当時は、古い雰囲気に合わないと思われ、( 真っ白だから )
” 入れ歯だ~ 。 ”
なんて言われて、不評だったんだとか。

入れ歯・・・ ( ゚ 皿 ゚ )! ( それも、総入れ歯 )

エマヌエーレ2世

幅広の階段を上ると、銃口を向ける人がいました。
私もこっそり、カメラを向け返しました。( さすがに正面からは・・ )

銃口を向ける人
 
建物からは、周りの景色を見渡せて、
コロッセオや、歩いてきた道沿いの遺跡(↓)も見えました。

遺跡発掘

PageTop

ゾウ

ローマで、必ず行こうと思っていた所のひとつは、バチカン。
同じように考える人は多いようです。

バチカン博物館へ入る為、長~い列に並ぶ事を覚悟し、開館前に行きましたが、
既に長い列ができていました。

列に並んでいると、 ” ツアーに参加しませんか~ ” という、勧誘の人がたくさん現れます。
勧誘の一番のウリは、あまり待たずに入れること 。

怪しい勧誘の多い中、すごく説得力ある勧誘をする女性が現れ、
あっという間に、すぐ後ろに並んでいた人が、ついて行きました。( 団体入口が別にある )

その後開館し、結構スムーズに入館できました・・。

ここは、バチカン博物館の中庭。

バチカンの中庭

中へ入ると、何十メートルかある廊下に、顔が並んでいました。
ここは、顔の間。( 勝手にネーミング )

像

見たことがある人も立っていて、挨拶されました。( 指を指しているだけ? )
彼は、アウグストゥス です。

アウグストゥス

こども( 天使? )を侍らせている(?)、男の人も見かけました。

天使を侍らせているオトコ

人ばかりでなく、動物の像もあり、
食べる・食べられるの間 ( 勝手にネーミング ) なんてのも、ありました。

食べる食べられるの間

じっくり見ると、5時間かかると言われる、バチカン博物館。
3時間半くらい、像を見ていただけ・・
ではナイので、

続きは、次回。

PageTop

絵は好きですか

バチカン博物館には、いろんな美術品が展示されています。
印象深かったのが、この壁画。

有名な、ラファエロの ” アテネの学堂 ”という絵で、
違う時代の、科学者や人文学者を、一緒に登場させ、
そこに、ラファエロ自身も描いちゃった、という、遊び心いっぱいの絵です。

描かれているのは、ダ・ビンチ、アリストテレス、ミケランジェロ、ブラマンテ、など。
本物を見て、嬉しかった絵のひとつでした。

アテネの学堂

その部屋の天井がピカピカしていました。

天井

他にもピカピカした天井がありました。
これは近くで見ると、

バチカンの天井

額縁が並んでいる、天井になっていて、

額縁の天井

どれだけ、絵が好きなんだ・・・!
と、思ってしまう天井でした。
 

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。