倉敷暮らし

見たもの ■ に収めた 写真にっき

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

春の香り

春が香りをプンプンさせていました。

春の香りと言っても、色々ありますが、
この日は、水仙フレーバー。

水仙

現在旅行中のはずの私。

予定通りなら、私は今、
花の都フィレンツェ にいます。

フィレンツェは、どんな花の(?)香りがするのだろう。

スポンサーサイト

PageTop

こいのぼり

今日は、子どもの日。

こいのぼり

立派なこいのぼりが、泳いでいました。

風の強い日は、
洗濯物を外に干すのも、ためらいます。( 家の中に干す日もある )

毎日、しっかり止めているにもかかわらず、
飛んで行ってしまったことがあるので。

こいのぼりのある家では、
風よ吹け~、吹くのだ~!
と思っているのかな。
 

PageTop

非日常も、またよし。

旅行へ行ったりして、楽しい時間を過ごすと、
現実にもどりたくな~い。
と、思うものです。

街灯と柳

でも、現実こそが、
ベースとなる自分の生活。

毎日を、どれだけ充実した毎日にするか、
ということが重要なんだと思います。
そうすれば、非日常の時間も、さらに楽しめるはず。

そろそろ、私は旅行から帰ってくる予定です。
倉敷へ帰ってきて、何を思うだろう。
 

PageTop

帰ってきました

しばらくイタリアを、旅行してきました。
昨夜、帰ってきました。

噴火の影響で、キャンセル便や遅れがある中、
2時間遅れで飛行機に乗れました。

乗り継ぎに間に合わないかも・・と言われながら、
乗り継ぎ飛行機の出発10分前に、到着し、( タイヤが地面に着いた )
航空会社の方の計らいにより、その15分後に次の飛行機で出発。

無事、日本へ帰ってこれました。
荷物は、乗り遅れましたけど。

雨の日の石畳

旅行のはじめは、ローマから。
雨が降っていました。

石畳が、ピカピカ光っていました。
 

PageTop

はじめに行った所

イタリアで泊まったホテルは、
すべて駅から徒歩圏内に予約しました。

荷物を持って移動するのに便利ですし、
地下鉄に乗るのにも便利だと思ったので。

この写真は、ホテルの近くにあった、
サンタ・マリア・デリ・アンジェリ教会。( 暗すぎて見えナイ? )

サンタ・マリア・デリ・アンジェリ教会

ディオクレティアヌス帝時代の、大浴場だった跡を、
ミケランジェロが、浴場の趣きを残して設計したという教会なのですが、

その様子は、外から見ると独特の雰囲気。
・・って、外からの写真がないのは、
雨が降っていたから、撮らなかったのです・・。( カメラが濡れるから )
 

PageTop

柱を抜けて中に入ると

現存するローマ建築で、最も完全に残っているのが、
世界最大と言われる、このパンテオンなんだとか。( 写真右ね )

右半分の右半分が、写っていないのは、
補修中だったから。

パンテオン

パンテオンは、ドームになっていて、
これをイタリア語で、クーポラと言います。( この写真では、ドームに見えない? )

パンテオン

中が明るいのは、
天井に大きな穴があいているから。

パンテオン天井

この穴から、雨が降ってこないのだろうか。
それとも、ガラスが張ってあるのだろうか。

・・と考えながら、

明るい、丸い建物の中は、
なんだか、くつろげる空間でした。( 椅子もあったし )

PageTop

ローマの色

イタリアでは、広場をよく見かけました。
ローマの広場は、丸い形が多く、
そこからの眺めが、とてもきれいです。

広場のことを、イタリア語で piazza と言います。( pizza じゃないよ・・私も間違えたけど )
ここは、ポポロ広場。

ポポロ広場から見える、サンタ・マリア・イン・モンテサント教会は、

サンタ・マリア・イン・モンテサント教会

隣にある、サンタ・マリア・デイ・ミラーコリ教会とセットで、
双子教会と呼ばれるそうです。( なるほど~ )

双子教会

広場から違う方向を見ると、眺めの良さそうな高台が見えたので、
その、ピンチョの丘 と言われる丘に、登ってみました。

ポポロ広場から

い~ぃ、眺め~。
そして、広場が丸~い!

ローマの景色は、赤みを帯びた茶系と、白、グレーで、
とてもきれいです。

ポポロ広場

自然豊かなその丘で、私は花粉症を発症・・。
持っていた薬を飲んだけど、効きがあまりよくないので、

イタリアの花粉には、イタリアの薬なら治まるかも。( そんな訳ナイ )
と、その日は薬局で花粉症の薬を買って帰りました。

花粉症の薬、8年ぶりに飲みました。
私の花粉症は、外国へ行くとひどく、長く症状が続きます。( 春が長いから? )
外国生まれ、外国育ちなので。( うそ )

PageTop

スペイン広場

イタリアは、見事なほどに、旅行者でいっぱいでした。( 私も旅行者だけど )
スペイン広場も、人で賑わっていました。

この場所が人気なのは、
映画 ” ローマの休日 ” の舞台となったから。

スペイン広場

階段を下りた先には、有名ブランド店が、軒を連ねています。
デザインと、モノ作りの国、イタリアを感じる通りです。

日本で例えると、電化製品の店が並んでいるようなものです。

スペイン広場から

ローマは、ちょっとした丘が多いので、
その上から景色を眺めるのが、おすすめです。

階段や坂道も含め、たくさん歩かないと、観光できないので、
体力があるうちに、旅行した方がよい所だと思いました。( 実感者は語る )

スペイン広場から

前の道を、右にまっすぐ行くと、
前回紹介した、ポポロ広場があります。


PageTop

ローマといえば

トレヴィの泉 と言えば、
” ローマ の イメージランキング ” の上位を争うスポットです。

近すぎて、この写真が、トレヴィの泉に見えないのは、

トレビの泉

離れて撮ると、前に人がいっぱい立ちはだかっていたから。

トレビの泉

トレヴィの泉を囲んで、周りはヒトの泉となり、

トレビの泉を見る人

トレヴィの泉を見ているのか、ヒトの泉を見ているのか、
分からなくなってしまう場所。
ランキング1位。
 

PageTop

コロッセオ

人と猛獣、人と人が、どちらかが死ぬまで戦い、
それを見世物としていたという、
コロッセオ。

建物は、骨なしコンクリート構造。

薄いレンガを重ねて造られた、
分厚い、ウエハースのような部分もありました。( コンクリート味? )

コロッセオ

これは、コロッセオの中。
真ん中に見えるのは、地下です。( 床はもうない )

コロッセオ内部

コロッセオの横に建っている、
コンスタンティヌスの凱旋門。

コロッセオと凱旋門

この辺りは、古い遺跡がたくさんあり、
オジサンらしき名前のついた凱旋門が、他にもありました。

遺跡の発掘ゲンバなどを、チラ見しながら、道を歩きました。
古代 ローマ ゾーンです。
 

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。