倉敷暮らし

見たもの ■ に収めた 写真にっき

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

石畳

フィレンツの、石畳。

石畳の上を歩くのは、
時代を越えたような気分になるので、好きです。

フィレンツェの石畳を歩いていると、
フィレンツェ時代へ行ったような、気スラします。( そんな時代 ナイ? )

石畳

でも、石畳の上で、スーツケースを転がしていると、
便利なキャスターが、便利ではなくなって、
石畳時代に迷い込んだ、未来人のような気分になるものです。

バックパックで・・という程、体力に自信がないので、
バックパックにも、キャリーバッグにもなる、
という、旅行バッグで旅行しました。

私のように、か弱い女性 ( ?? ) に便利な、
旅行バッグでした。
 

PageTop

サンタ・マリア・ノヴェッラ薬局

サンタ・マリア・ノヴェッラ教会。
フィレンツェ独特のゴシック様式を、確立した建物なんだそうです。

サンタ・マリア・ノヴェッラ教会

行ったのは、この教会ではなく、1612年からあるという、
サンタ・マリア・ノヴェッラ教会の薬局です。( 写真アリマセン )

花や香草を使って作ったという、石鹸や香水など、
当時の処方で作られている物が手に入ります。

薬局は美術館かサロンのような優雅なお店で、
薬局内は、すご~く、いい香り!でした。

その日はずっと、その上品な香りに癒された余韻で、いい気分でした。( 酔っ払った訳ではナイ )
自然の香りの力、侮れません。

これは、そこで買った石鹸。

石鹸
 

PageTop

ヴェッキオ橋 と アルノ川

フィレンツェ最古の橋と言われる、ヴェッキオ橋。

ヴェッキオ橋

橋の上には、宝石店や、貴金属店が並んでいて、( 橋に、窓がついているでしょ )
ピカピカ ☆ していました。

ケッコン指輪も、普段つけていない私は、
アクセサリーには、あまり興味がないようですが、

カメラとかレンズとか、パソコンソフトとか、
アクセサリーよりも、高いものを欲しがったりしているそうです。

ヴェッキオ橋の貴金属店

この橋がかかる、アルノ川も、名前が知られているようです。

アルノ川

先日、ある歌手の方とお会いした時、
フィレンツェの話をしたら、
アルノ川が登場するという、歌を歌ってくれました。

プッチーニ作曲
オペラ 『 ジャンニ・スキッキ 』 より
O Mio Babbino Caro

サラ・ブライトマン の歌で♪




今回で、イタリア旅行・フィレンツェの部は、おわり。( 長引かせまして・・ )
あと、2都市へ行っているので、
写真がまだあるのですが、( えっ !? まだ続くの !? )

その前に、ちょっと、ニホンへ戻ります。
 
フィレンツェは、コンパクトな町ですが、
見どころ、食べ処、いっぱい。
雰囲気、眺め、よし。

とても素敵な町でした。
 

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。