倉敷暮らし

見たもの ■ に収めた 写真にっき

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ヴェネツィアのイメージ

私は、本を読むのが大好きでした。

シェイクスピアの ” ヴェニスの商人 ” も、読みました。
商業と海の町で、魚がピチピチしている、イメージをもらいました。

” カロリーヌのせかいのたび ” という絵本の中では、
カロリーヌと一緒に、ヴェネツィアへも行きました。
ゴンドラが、ギコギコしている、イメージをもらいました。

ヴェネツィア、の存在は、
絵本や、本で、知っていたわけです。
想像たくましく、 ” ヴェネツィア ” をイメージしてきました。

こんな感じに。

ゴンドラ渋滞

本物のヴェネツィアを訪れて、
以前よりも、ファンタジー的印象が深まりました。
そんな、独特の世界でした。

そんな訳で(?)、
ヴェネツィアの写真を、た~くさん撮ったのですが、
キリがナイので、
今回で、ヴェネツィアの部を終わりにします。

忘れかけた頃、ヴェネツィアの写真を登場させるとします。
ヴェネツィアの次は、ミラノへも行ったので、
イタリア旅行記は、まだ続くのであります・・。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

おばんどす^^;

ヴェネツィア、ほんとファンタジーっすよね、
思い出す度に胸がきゅ~んとなります。
めっちゃ懐かしいっす水上王国♪

↓>蛙を持っている、・・少年です。
これ、私が行ったとき、なかったですぅ。
イタリアらしいな^^;

tolliano | URL | 2010年09月03日(Fri)23:47 [EDIT]


おはようございます

tolliano さんへ

>思い出す度に胸がきゅ~んとなります。
そうそう!
思い出すたびに、ヴェネツィアの記憶と、
ついでに、それに似た、懐かしい感じの記憶が、
芋づる式に出てきて、
きゅ~ん。
となっちゃいます。

蛙を持っている少年、まだ若いんですね。
古代像の習わしに従って(?)、
古代ファッションなんですね。
 

お菊 | URL | 2010年09月04日(Sat)09:11 [EDIT]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。