倉敷暮らし

見たもの ■ に収めた 写真にっき

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

スペース活用法

家がぎゅうぎゅうに建っている、ヴェネツィアでは、
隣の家と協定を結び、
洗濯ロープを掛け合う、間柄なんだそうです。

ヒラリズム

観光客に、写真を撮られちゃったりするので、
なんとなく、
画になるように、干されているような気がします。
 

PageTop

迷ってみよう

117 の島、177 の運河、400 の橋があるという、ヴェネツィアは、
細い道も、たくさんあります。
まるで、巨大迷路のようになっています。

道

ヴェネツィアを、歩く場合、
地図を道連れにするしかありません。

それでも、現在位置不明になった時は、
迷ったことを、楽しむのが、良いかと思います。

ちょっとした、アドベンチャー気分を楽しめます。
 

PageTop

舟の八百屋さん

ヴェネツィアの、野菜屋さん。
舟に野菜、てんこ盛り。

ヴェネツィアでは、野菜や果物、魚などを、
市場や、移動型のお店で買います。( 陸地の店が、多いです。)

私も何度か利用しました。

野菜屋さん

長期掲載になってきた、ヴェネツィアの部。

ヴェネツィアに、住んでいるワケではありません。
ヴェネツィアには、3泊4日しただけです。

写真をたくさん撮ったので。
ついでに言うと、最近写真を撮ってないので。

現在の私は、夏バテ進行中。
イタリア旅行記が終わるまでには、
カメラを持つ腕力を取り戻すぞ~。( それくらいは、あるけど )
 

PageTop

ヴァポレット

ヴァポレットは、
ヴェネツィアの、水の上で乗る、主な乗り物で、
と~っても便利。

乗り場では、頻繁に発着し、
ヴェネツィア中を、ウロウロしているので、
どこの島へも、気軽に連れて行ってくれます。

これは、ヴァポレット乗り場。

ヴァポレット乗り場

ヴァポレットというのは、この舟です。

ヴァポレットからの景色は、とてもキレイです。
見とれていて、降りそびれないよう、注意が必要です。

アカデミア橋からの眺め

アカデミア橋の、停留所 ( 左下 ) で降りて、
橋の上から撮ったのが、上の写真。

アカデミア橋

チケットは、1回券、時間券とあって、
○時間、乗りホーダイ。
の時間券を買うと、便利。

チケットは、ICチップ内蔵型デシタ。

古いヴェネツィアのイメージと、
ICチップを使っているという、ギャップが、

古い時代へ行っていた気分を、
現代へ、連れ戻してくれます。

PageTop

鐘楼に登楼

以前の写真に写っていた、サン・ジョルジョ・マッジョーレ島に、
鐘楼があり、その上から見た眺めです。

この日は天気が悪く、ついでに、頭痛でクラクラしていたので、
写真だけ撮って、鐘楼から降りてきました。

天気が悪いため、ちょっと、暗い雰囲気です。

右の方に見える鐘楼は、サン・マルコ広場にあった鐘楼です。

サン・ジョルジョ・マッジョーレ島の鐘楼からの眺め

見覚えあるでしょうか。
セクシー・ポーズをとっていた、女性がいた海岸です。

サン・マルコ

左の方にある、丸い屋根の教会は、
そのうち紹介する、S.M.デッラ・サルーテ教会で、
別の島に建っています。

この島と右の島の間が、少し前に紹介した、
大運河になっています。

デッラサルーテ教会

別方向を見渡せば、別の島が見えます。
これは、ジューデッカ島。

・・◎のついた、お庭が印象的。

ジューデッカ島

サン・マルコ広場にある鐘楼にも、登楼できますが、
こちらの鐘楼に登ったのは、

こちらの方が、景色が良さそうだったから。
それから、こちらの方が安かったから・・。
 
 

PageTop

大運河沿いの教会

鐘楼の上からも見えた、
サンタ・マリア・デッラ・サルーテ教会。
島の先っぽに建っている教会です。

これは、ヴァポレットの上からの、眺め。
( ※ヴァポレット : 覚えてますか~? 水上バスのことです。 )

S.M.デッラ・サルーテ教会

ヴァポレットを降りて、徒歩1分足らずで、
中に入れます。

S.M.デッラ・サルーテ教会内

ヴァポレットから、徒歩1分後の眺め。
  

PageTop

蛙を海へ・・?

前回の写真の、サンタ・マリア・デッラ・サルーテ教会は、
こんな、島の先っぽ付近にあります。

・・島の先っぽで、お尻を見せている人がいますが、

島の先っぽ

蛙を持っている、
・・少年です。

蛙をつかむ人

それにしても、イタリアには、
素っ裸の人 ( 像 ) が、たくさんいたなぁ~。
 

PageTop

ヴェネツィアのイメージ

私は、本を読むのが大好きでした。

シェイクスピアの ” ヴェニスの商人 ” も、読みました。
商業と海の町で、魚がピチピチしている、イメージをもらいました。

” カロリーヌのせかいのたび ” という絵本の中では、
カロリーヌと一緒に、ヴェネツィアへも行きました。
ゴンドラが、ギコギコしている、イメージをもらいました。

ヴェネツィア、の存在は、
絵本や、本で、知っていたわけです。
想像たくましく、 ” ヴェネツィア ” をイメージしてきました。

こんな感じに。

ゴンドラ渋滞

本物のヴェネツィアを訪れて、
以前よりも、ファンタジー的印象が深まりました。
そんな、独特の世界でした。

そんな訳で(?)、
ヴェネツィアの写真を、た~くさん撮ったのですが、
キリがナイので、
今回で、ヴェネツィアの部を終わりにします。

忘れかけた頃、ヴェネツィアの写真を登場させるとします。
ヴェネツィアの次は、ミラノへも行ったので、
イタリア旅行記は、まだ続くのであります・・。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。